手数料は感謝料

なぜ仲介手数料を払う必要があるのか

見合った報酬は現金で

ボランティアと仕事

ボランティアと仕事の違いは何でしょうか。
これを考える前にまずはアルバイトと仕事の違いについて考えてみます。
これはほぼイコールだと考えます。
どちらとも人のために自分の時間を割き、それに見合っただけの料金を支給されます。
言ってしまえば、自分の時間をお金に変換しているということになるでしょう。
厳密に言えば仕事とアルバイトは違いますが、本質的には似ているので一緒と考えます。

ここで、元の話に戻ってボランティアと仕事の関係についてです。
ボランティアについてざっくり言うと、お金が支給されない有志の活動のことですよね。
見返りは己の経験と実績、そして満足感です。
ということは、ボランティアというものは、アルバイトと仕事からお金を抜き取った活動と考えられると思います。
ボランティア活動は尊いと思います。
自分への見返りをあまり考えず、他人の為に尽くす行為なのですからすばらしいですよね。

もしお金がもらえなかったら

すべての人が、ボランティア活動に対していい印象を持っているわけではありません。
効率を非常に重視したり、あくまでも自分の利益が最優先だと考えていたりする人は、ボランティア活動を無駄だと思っているでしょう。
せっかく自分の時間を割いているのに、それに伴ったお金が入らないのはおかしいと考えるはずです。

ですがボランティアは、割いた時間に伴った経験をつむことができます。
目に見えないだけで、貴重なものだと思います。

しかし、生きていくうえでは経験だけでなく、お金も必要です。
きつい言い方をすると、きれいごとで飯は食えないということですね。
いくらボランティアをしたところでお腹が膨れるわけではなく、家賃を払えるわけでもなく、何か買えるわけでもありません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る