手数料は感謝料

なぜ仲介手数料を払う必要があるのか

不動産屋の仕事

不動産屋とは

そもそも不動産屋とはなんだろうか?と考えられている方が、もしかしたらいらっしゃるかもしれないので、一応解説をしておきます。
不動産についてまずは説明します。
ざっくり説明すると、動かない財産のことです。
土地や建物など、普通に考えて、人間には容易に動かせないものを不動産とよびます。
その土地や建物を管理売買する仕事を不動産屋といいます。
仕事内容をあげると、アパートやマンションの案内、契約の手伝い、接客、事務処理、クレーム対応、退出時の案内、新しい不動産の確保、不動産の管理などです。
不動産屋に努めている人は皆プロフェッショナルで、豊富な知識と経験をもとに、プロ意識をもって業務に徹しています。
以上が不動産屋の主な仕事です。

不動産屋の事情

不動産屋の事情について解説していきます。
他の飲食系などの仕事と異なり、月に仕事はそう何度でもありません。
動く金額が多額ですから、当たり前なのかもしれません。
車のディーラーを思い浮かべるといいかもしれません。
何度も仕事はないですし、高価です。
こういった重要で大事な取引ですから、金額も高価なものになってしまいます。
プロに預ける費用と思えば納得いただけるのではないでしょうか。
もちろん不動産のプロを通さずとも土地売買はできますし、物件を探すことも可能です。
ですがそれには大きなリスクが伴うので危険です。
すこし不動産をかじっただけの素人が首を突っ込むものではないのです。
なぜ不動産屋に仲介手数料を支払わなければならないのかと問われるなら、プロだからと答えます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る