手数料は感謝料

なぜ仲介手数料を払う必要があるのか

よくしてもらったらありがとうを

仲介手数料について

まず仲介手数料についてお話ししましょう。
仲介手数料というのは、物件を探し、確定して物件を買った際に、紹介をした不動産屋に支払う手数料のことです。
これは不動産会社だけにはとどまらず、仲介者であれば発生します。

仲介手数料は相場が決まっており、取引で成立した金額によっても左右されます。

ただこの手数料、仲介手数料といっているだけに、仲介者がいなければ払う必要がありません。
土地などの売主から直接買った際などでは、無料です。

またさらに特例が存在し、仲介手数料を設定していない会社も存在します。
そんなことをしては売り上げが芳しくないでしょうし、なにかと不都合な点がでてきて困るのではないかと思う人がいるかもしれません。
その疑問については、次の記事で説明します。

仲介手数料の仕組み

今回解説するのは、仲介手数料の仕組みについてです。
先ほどの記事で解説しましたが、仲介手数料は相場があります。
その相場とは、上限額のことで、消費税を除いた売買額の三パーセントに6万円を足して、その消費税を足したものとなっています。
ちなみにこれは、400万円を超える住宅などの場合です。
アパートなどを借りる場合、これに変化が起きます。
この場合、1ヶ月分の家賃に消費税を足したものと上限が決まっています。

また場所によっては、仲介手数料を無料にしているところがあるとお伝えしましたね。
この謎について掘り下げていきましょう。
考えられるのは2つのパターンです。
1つは、一件一件を安くして、多く売却して儲けようという考えです。
お得感を利用した考え方ですね。
もう1つは、早く売ってしまいたい物件だからかもしれません。
何か問題があるかして、早く手放したいという考えがあるということが推測されます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る